4月27・28日に国立競技場で開催された『Ado SPECIAL LIVE 2024「心臓」』にて初披露されたAdoさんとサプライズゲストの初音ミクさんのデュエット曲『桜日和とタイムマシン』をまふまふさんが書き下ろしされたことが明らかになりました!

初音ミクの調声は、ビバハピやAdoさんの楽曲も手掛けられているMitchie Mさんが担当。

楽曲アレンジには、おなじみ三矢さんも参加されています。

たまたま管理人も本ライブに参戦していたものの、お恥ずかしいことにまふまふさんの楽曲であることは見極められませんでした。
改めて朝の情報番組での本ライブのニュースで流れた映像で音源を確認したところ、
まふまふさんが影響を受けた方のエッセンスが感じられつつも、まふまふさんらしさ溢れる、春の楽曲となっておりました。
また、体感5分はある長めの楽曲だった気がします。

Adoさんは、本ライブで自分が"VOCALOID"と"歌い手"の文化にとても救われたことを何度も強調されていました。
「桜日和とタイムマシン」は、アンコール5曲目に披露され、その後の最後のMCでもVOCALOIDと歌い手文化に感謝を述べ、一番最後にまふまふさん提供の「心という名の不可解」を歌われていました。

「桜日和とタイムマシン」のリリース情報はまだ不明です。
続報があり次第、サイトとX(Twitter)にてお知らせいたします。




4/30のツイキャス配信で、この曲について少しお話されていました。12:10~