話題の「うちで踊ろう」を、ボカロPのkemuであり、PENGUIN RESEARCHのベースでもある堀江晶太さんをアレンジに招いて歌唱した動画をUPされました!


堀江氏とは「ヒロイックシンドローム(※)」を共作したり、まふまふさん主催ライブで「byakuya」というBGMを提供されていたりしています。
堀江晶太さんに関する情報は、最も正しい 堀江晶太・kemu速報 をご確認ください。







※「それはきっと恋でした / 天月-あまつき-」
Tr9 ヒロイックシンドローム / 天月-あまつき-
作詞作曲:まふまふ
ラップ詞:nqrse
編曲:堀江晶太
(各種音楽配信サイトでの配信あり、サブスクもあり)

アルバムのクロスフェード動画より試聴できます(4:54〜)